2014年12月12日

濡れたTシャツ乾いたTシャツ!?

洗濯物のお話です。

Tシャツ1枚を洗濯して干すときに、濡れる前と後でどれだけの重さの差があるだろう?と考えたことはないでしょうか?
サイズにもよりますが、大体乾燥重量で500gあります。洗濯して脱水すると1000gくらいになります。
つまり、500gの水を含んでいるということになります。これを室内に干した場合、500gの水分が室内に湿気となって放出されるわけで、乾燥している時期なら問題ないのですが、梅雨時だと室内の湿度が80%や90%のところに更に湿気を追加すると、だらだらの結露が発生してしまうのです。これが、窓ガラスなどの目に見える場所であれば拭き取るなどして対応できますが、防湿工事が不良で壁の中に結露が発生(内部結露)してしまうと、「黒かび」や「きのこ」の発生となるわけです。
となると、梅雨時の洗濯物はどうやって干すか??一番良いのは梅雨の晴れ間に天日で干すのがよいのですが、それがかなわない場合は室内に干して除湿機を作動させましょう。「電気代がばかにならない!」という方、除湿機を1日3時間まわしても電気代は月額2000円くらいです。家を腐らせ健康を害して近い将来取り返しのつかない金額がかかるかも知れません。どちらが得でしょう?

結露防止は温度と湿度のコントロールが重要です。

建物の構造的には、断熱と防湿が非常に重要です。
posted by とむす at 00:00| Comment(0) | 豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: