2017年01月19日

流し台の排水口

流し台の排水口の汚れでお困りではありませんか?
 ゴミカゴにネットをかけて使用されている方も多いと思いますが、その周辺から排水パイプ、そして排水管、その先排水枡まで、ニオイの元や詰まりの原因となっているのが、石鹸カスと油です。
 石鹸カスは食器などを洗う際の排水のとき水を多めに流すことで管の内部に引っかかるのを軽減することができます。
 油汚れはもっとやっかいで、水を流しても剥がれ落ちてはくれません。油の中でもしつこいのが肉の油です。40度以上のお湯を排水口に流してやると豚肉の油が溶けて流れていきます。これは豚の体温は人間の体温に近く38〜39度。牛の体温は38.8度前後。それよりも少し高い温度のお湯を流すことで油を溶かすことができます。※油の塊によって温度を上げたり量を多く流すといった調整が必要です。高温なほどいいわけではありません。排水パイプが溶けてしまうので60度以上のお湯は流さないでください。
 原則は油は排水口には流さず古新聞などを詰めた牛乳パックに入れて燃えるゴミとして、市町村のルールに従って捨てることをおすすめします。
それでも、排水口の流れが悪い場合は「パイプマン・パイプフィニッシュ」などを使ってみてください。
それでも、流れが解消しない場合は異物が引っかかっていたり、外部の排水枡が油や石鹸カスで詰まっていたりすることが多いので、設備屋さんへ依頼してください。当社への依頼も多々きますが、最も良くないパターンとしては、「ク◯◯アンなどの24時間受け付けの業者へ依頼して5万円以上請求されたけど、完全には直っていない」などというお客様からの依頼が年に数件あります。ク◯◯アンに支払ったお金は戻ってきません。無駄になります。建設業登録や水道工事業登録などを確認し信用できる業者へ依頼してください。「トイレの詰まり」も同じように信頼できる設備業者に依頼してください。

【住宅事情の最新記事】
posted by とむす at 16:28| Comment(0) | 住宅事情
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: